【簡単】人気のデニム生地で作る!おしゃれトートバッグの作り方まとめ

デニム生地は、丈夫でしっかりとした生地なので、カバンの素材としてよく使われています。

加工しやすく、自分でアレンジしたり、リメイクしたりする人も多いです。

ここでは、デニム生地のトートバッグの作り方について紹介しましょう。

自作にチャレンジ!デニム生地のトートバッグを作ってみよう!

トートバッグは、裁縫初心者にもチャレンジしやすいバッグです。

デザインはシンプルなものが多く、アレンジしやすいので、自分の好みに作ることができます。

特に、はけなくなったジーンズなどを使って、形を活かしたものにリメイクすれば意外に簡単に自作することができます。

ここでは、デニム生地を使ったトートバッグの作り方を紹介しましょう。

ダメージ感が魅力!デニムリメイクのトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

  • はかなくなったジーンズ
  • 内布用の古着
  • ミシン
  • 裁縫道具

【作り方/作成手順】

  1. ジーンズを作りたいバッグの大きさに合わせてカットします。
  2. 股下部分もカットし、開きます。
  3. ジーンズを裏返し、前後の中心線で折り、サイドがまっすぐになるように縫います。
  4. 余分な部分をカットします。
  5. 底を縫い合わせ、マチを作ります。
  6. ジーンズの脚の部分を使って、持ち手の長さに合わせてカットします。
  7. 持ち手の両端を折り込んでから二つ折りにし、縫い合わせます。反対側にもステッチを入れます。
  8. 内布用の古着をバッグの大きさに合わせてカットします。
  9. 中表に合わせて、両サイドを縫い合わせます。
  10. マチを作ります。
  11. 内布を表布の中に入れ、開き口で合わせます。
  12. 表布と裏布の間に持ち手を挟み、開き口を縫い合わせれば、完成です。

【作成時のポイント/注意点】

厚みのあるところは家庭用ミシンでは縫いにくくなるので、なるべく厚みが出ないようにジーンズをカットしましょう。

ポケットはそのまま再利用できるように使う部分を考えてカットしましょう。

View this post on Instagram

◆ブラックデニムリメイクbag◆ 古着のブラックデニムをトートバッグにリメイク! マチたっぷりで沢山物が入ります。 デニム本来のポケットは全て生きていて、中に大きめのポケットを1つつけました。 内布は赤のチェックで黒とのコントラストを♪ デニムのボタンに引っ掛ける革紐もつけました。 シンプルなデニムリメイクバッグですが、黒ってちょっと珍しい? 週末までにお譲りなかったら自分用にしようかな。 #デニムリメイク #デニムリメイクバッグ #デニムリメイクトート #ブラックデニム #シンプルリメイク #ハンドメイド #トートバッグ #赤チェック #収納力 #機能性 #デニム好き #デニム好きさんと繋がりたい #自分用にしちゃいました

A post shared by figtree (@figtree.akiko) on

使いやすさも定番!オールドデニムのトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

  • 表布用のデニム生地
  • 内布、底布用の生地
  • 持ち手テープ
  • 接着芯
  • ミシン
  • 裁縫道具

【作り方/作成手順】

  1. 生地をそれぞれ必要なサイズにカットします。
  2. 表布に接着芯を貼ります。
  3. 表布を中表に合わせて、底を縫い合わせます。
  4. 持ち手を表布に縫い付けます。
  5. 底布の両端を折り込み、表布に縫い付けます。
  6. 表布を中表で半分に折り、両サイドを縫い合わせます。
  7. 表布の底の角部分をカットして、マチを作ります。
  8. 内布を中表に合わせて、両サイドと底をそれぞれ縫い合わせます。
  9. 内布の底の角部分をカットして、マチを作ります。
  10. 表布と内布を中表に合わせて、返し口を残し、開き口の周囲を縫い合わせます。
  11. 返し口から表に返し、開き口にステッチをかけます。
  12. 持ち手部分にも補強のためステッチをかければ、完成です。

【作成時のポイント/注意点】

縫い代をきちんとアイロンで割ると、ミシンがかけやすくなり、仕上がりもきれいになります。

持ち手を表布に縫い付けるときは、上まで縫わないように気をつけましょう。

仕上げにアイロンをかけると、きれいに形が整います。

これは欲しくなる!アイデアいっぱいのデニムトートバッグ

デニム生地のトートバッグは、ジーンズのリメイクをはじめ、オリジナルのデザインで自作している人も少なくありません。

丈夫で長持ちするデニム生地のトートバッグは、日常的に使いやすく幅広い年齢層の人が使っています。

みんなの自慢のデニムトートバッグをいくつか紹介しましょう。

ユニークなオーバーオールトートバッグ

オーバーオールそのままのデザインがユニークなトートバッグです。

いろんなデニムを組み合わせているので、よりデザイン性が高くなっています。

ミニサイズなので、近所への買い物や散歩に行くときなどに重宝するサイズです。

内側にはポケットが付いているので、使い勝手もよさそうです。

リボンが素敵!大人の女性のデニムトートバッグ

View this post on Instagram

* フライング✡️ クリスマスプレゼント🎄🎅🎁 【リボンいっぱいバッグbytiara】 母へのプレゼントに @tiara_sanae 先生ご考案のリボンいっぱいバッグを作りました。 レオパード柄×ブラウン×カーキ×ブラック、4色のおリボンを使用しました。 中にもリボンを潜ませました…😛♥️ #リボンいっぱいバッグ #リボンいっぱいバッグbytiara #ティアラオリジナル #リボントートバッグ#レオパード#デニムトート #リボンワーク#りぼん #リボン #リボン教室 #リボ活#リボンバッグ#mstyleluxe#mstyleluxe認定講師 #一般社団法人mstyleluxe

A post shared by 糖度高め🍓 おとな女子のためのお稽古サロン【chaily】 (@chaily_rubanrosechouchou) on

肩にもかけられる長さの持ち手は、使いやすく、荷物が多くても大丈夫です。

形はシンプルですが、レオパード柄のたくさんのリボンが大人の女性にもピッタリです。

カジュアルの中にも、上品さがあるトートバッグになっています。

リボンの柄や色の組み合わせ次第で、また違った雰囲気のトートバッグになりそうです。

シルクスクリーンプリントのオリジナルトートバッグ

View this post on Instagram

obsessed with… . キビ植え中です。 今年は植え初めが早いぞ‼️ 毎年「9月入ったらやるー」と言い…結局9月後半になるのに、今年は早いぞ‼️‼️‼️ なかなかやる気です🤣 . ハンドメイドもちまちまやってるんですが、ほんとちまちまっっと…💫 . #デニムトート I'm obsessed with cattle 我が家にいる子牛の大陸(りく)が産まれたら辺の画像使ってデニムトートにプリントしました。 この子牛めっちゃ懐っこい💕 外で遊ばしてても、 「りぃーーく!」と叫ぶと反応する💕近づくと甘えて寄ってくる😍 インクの乗りが悪くて一部グダグダになってしまい、、、ブランクを感じる😭 . #サークルバック GIMA 夏っぽい編みバックが欲しくて、 先日の台風中に、暇つぶししながら久しぶりの編み物😅 持ち手を特に決めてなかったから編んでは解き、結んでは解き、、、 結局レザーになるという😂 . #deliboy#宮古島#ハンドメイド#バック#シルクスクリーン#編み物 #obsessed #夢中 . カッバーンばっかり作ってる… アロハスに置けるような物を考えてるが、農業しながらだとガッツリ集中する時間が作れず… 自分が欲しい物か、サクッと作れる物ばっかり、、、 と言っても…そんなカバンほしいわけじゃない どっちやねん‼️‼️‼️笑

A post shared by Deliboy In ALOHAS (@deliboy3178) on

かわいい仔牛がプリントされたデニムトートバッグです。

お気に入りの写真やイラストがプリントされたバッグは、持っているだけで楽しい気持ちでお出かけできそうです。

折りたたんでもかさばらないサイズなので、持ち歩くのにも便利です。

革とデニムの組み合わせトートバッグ

View this post on Instagram

まだまだ〜 8月のー(*´∀`*)#製作記録 ・ ハンドメイドはスッパリ辞めて書道家になっちゃってるはるちゃん@ima_harugakitaからハギレ革沢山もらっちゃったー❤️はるちゃんありがとー❤️ そん中に持ち手にちょーどいい感じのあったから、初✨革持ち手でトート作ってみた❤️ 自分用 革の持ち手可愛いね🤤 ・ #デニムリメイク #ジーパンリメイク #juki #職業用ミシン #babylock #ロックミシン #ポイント赤 #ステッチ萌え #太糸萌え #デニムトート ・ 自分のは失敗しても構わなーい😂 持ち手外側につけすぎちゃったけど、カシメで止めちゃってたから チョッキン✂︎持ち手切って それも飾りよ❤️と言わんばかりに残しといた🤣 #それもあじ #ハンドメイドならでは

A post shared by みか (@mikagonmikagon) on

デニムリメイクのトートバッグです。

持ち手が革になっているので、ちょっとしたお出かけにも使えます。

ポケット口のアレンジや赤の革が差し色としてポイントになっています。

自分の好きなようにアレンジできるのも、手作りならではの楽しみ方ですよね。

おしゃれパッチワークのデニムトートバッグ

View this post on Instagram

そういえば、2018年最後のハンドメイドは1年間で出たデニムはぎれを使ったトートバッグでした✨ さらにはぎれのハギレを使ってお揃いのポーチも💕 2018年集大成なバッグ、お正月インで大活躍してくれた✨ #ハンドメイド #ハンドメイドバッグ #ハンドメイド好き #ハンドメイド大好きさんと仲良くなりたい #2018年集大成 #ジーンズリメイク #デニムリメイク #デニムリメイクバッグ #デニムリメイクトート #パッチワークバッグ #ハンドメイドディズニー #ディズニー手芸部 #シーツリメイク #手作りバッグ #はぎれ活用 #ハギレ活用 #ハギレ消費 #disneyhandmade #handmadebag

A post shared by あい (@ai_peaceful) on

何種類かのデニムのハギレをパッチワークにしたおしゃれなトートバッグです。

色の濃淡やヒッコリーのパッチワークに人気キャラクターのワッペンがかわいいです。

ハンドメイド好きな人が溜まったハギレを消費する方法として、とてもいいアイデアです。

お揃いのポーチもかわいいです。

オリジナルデニムトートバッグのおすすめの作り方

デニム生地を使ったトートバッグは、季節問わず一年中使うことができます。

年齢や性別に関係なく多くの人に人気で、通勤や通学、お買い物やレジャーなど使う機会も多いです。

デニム生地の特徴は、丈夫で長持ちするうえに、使えば使うほど出てくる風合いや色あせ傷などのダメージが魅力になることです。

そんなダメージ感のあるデニムリメイクのトートバッグは、おしゃれで人気があり、簡単に縫い合わせるだけで自作することができます。

しかし、デニム生地を手縫いするのは困難なため、ミシンがない人や時間のない人には業者に頼んで作ってもらう方法がおすすめです。

トートバッグラボでは、簡単にオリジナルのデニムトートバッグを作ることができます。

お気に入りの写真やイラストがあればより簡単ですが、なくてもデザインエディタを使えばオリジナルデザインが初心者でも簡単に作れます。

デザインが決まれば、あとは注文するだけです。

1個からでも低価格なので安心して作ることができます。

トートバッグにはデニム生地がおすすめ!

日常的に使う機会の多いトートバッグには、デニム生地がおすすめです。

デニム生地のバッグは丈夫で長く使い続けることができるので、お気に入りのデザインのものが欲しいですよね。

トートバッグラボなら、誰でも簡単に好きなデザインで作ることができます。

ぜひ、お気に入りのデザインのオリジナルデニムトートバッグを作ってみてください。