裏地あり!こだわりのオリジナルミニトートバッグの作り方ご紹介

機能性抜群なトートバッグは学生から主婦まで幅広く使用されています。

そのトートバッグが自分で作れたら毎日お出かけが楽しくなりますよね。

裏地ありのオリジナルミニトートバッグの作り方と参考になるデザインを紹介します。

裏地ありの簡単ミニトートバッグの作り方

裏地ありのミニトートバッグの作り方をご紹介します。参考にしてみて下さい。

簡単!シンプルトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

・表地 50cm×35cm

・裏地 50cm×35cm

・バッグひも 35cm お好みの幅で

【作り方/作成手順】

1.表地を中表にして両側を縫い合わせます。裏地も同様です。

2.両端の縫い代を割り、8cmの所に印をつけ角を縫います。

3.2つを組み合わせて、紐の位置をピン打ちしていきます。

4.バッグの中央を決めて、ピン打ちしていきます。

5.中央のピンから5cm、持ち手の位置をピンで印をします。

6.中央のピンから両サイド5cmの位置へ印をしひもをつけます。

7.バッグの口部分を、1周縫い合わせます。

8.トップステッチを1周かけて完成です。

【作成時のポイント/注意点】

印をつける位置にピンを正確につけ作成してみましょう。

100均で自作!ミニトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

・カットクロス 2枚 35cm×30cm

・接着芯 2枚 35cm×30cm

・はぎれ布 2枚 35cm×30cm

・ステッチテープ 2本 38cm

【作り方/作成手順】

1.接着芯にカットクロスを張り付けます。

2.ステッチテープを1のカットクロスの両端から10cmの所に固定します。

3.その上にはぎれ布を置き縫い合わせます。それを2枚用意します。

4.用意した2枚の裏地部分を開き中表に合わせ固定します。

5.返し口を設定し避けて1周縫います。

6.縫い合わせた部分の側面を広げ、四隅の角からそれぞれ10cmの所に印をつけ縫います。

7.返し口から返し縫います。

8.バッグの口となる部分を1周縫い合わせます。

【作成時のポイント/注意点】

3ではステッチテープを1cmほど外に出して縫うようにしましょう。

リバーシブルデザイントートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

・カットクロス 4枚 35cm×30cm(別柄2枚ずつ)

・ドミット芯 2枚 35cm×30cm

・かばんテープ 2本 38cm

【作り方/作成手順】

1.ドミット芯の上に表地のカットクロスを置きかばんテープを両側を10cm空けて固定します。

2.1の上に裏地のカットクロスを置きます。

3.1、2の作業をしたものを2枚用意し、1枚はかばんテープの間を8cm空け、返し口にします。

4.返し口を避け、表地、ドミット芯、かばんテープ、裏地を縫い合わせます。

5.裏地を開き、ミシンの生地と生地の境目に合わせて中表を固定します。

6.四隅を三角にし、角から10cmのところに印をつけ縫います。

7.返し口から返し、返し口を縫います。

8.カバンの口となる部分を1周縫い合わせます。

【作成時のポイント/注意点】

ドミット芯を使用することによりふわふわの手触りになります。

外ポケット付きトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

・表地 34cm×48cm

・裏地 34cm×56cm

・ポケット用 20cm×28cm

・ファスナー 20cm

・ひも 2本 3cm×38cm

【作り方/作成手順】

1.ポケット布の上左右から2.5cmのところに横15cm、縦1.5cmの四角を書きます。

2.表地の上から2.5cmの所にポケット布を固定し、印の四角を縫います。

3.2で縫った四角の真ん中に両端から1cmくらい余白を空け線を引き、角に近い線の先につなぐように印をつけます。

4.3で引いた線の通りに切り、布を折り返しファスナーを付けます。

5.余分なファスナーを切り、ポケット布を半分に折り返し、上左右を縫います。

6.ひもの両端から6cmに印をつけ間を縫います。2本用意します。

7.ひもを表地の真ん中10cmあけて仮縫いをします。反対側も同様です。

8.裏地を中表にかぶせ、1cmの縫い代で縫います。

9.ポケットがない方に返し口を9cmくらい設け、表地、裏地、ひもを縫い合わせます。

10.半分に折り、表裏同士を合わせ、両端を縫います。

11.角を三角にして10cmの所に印をつけ縫います。四隅行います。

12.トートバッグの口となる部分をミシンで1周縫います。

【作成時のポイント/注意点】

5で切り込みを入れる際には縫った線を切らないように注意してください。

余ったはぎれで作る!ミニトートバッグ

【用意するもの/必要なもの】

・表地A 2枚 13cm×24cm

・表地B 4枚 9.5m×24cm

・接着芯 表地と同じ枚数と大きさ

・持ち手に使用する布 2本 6cm×26cm

・裏地 2枚 30cm×24cm

【作り方/作成手順】

1.表地に接着芯を張り合わせます。

2.表地Aの両端に表地Bを2枚縫い合わせます。それを2枚用意します。

3.2で用意した布を中表に合わせ下を縫い合わせます。

4.中表にもう一度折り返し両端を1cmの縫い代で縫います。

5.裏地の2枚を中表に合わせ返し口を7cmほど設定し左右と下と縫います。

6.カバンの底にマチをつけるために縫い目で広げ角から10cmに印をつけ縫い、縫い目から先を切ります。

7.ひもの幅を両端から1cmずつ折り、半分に折り縫い合わせます。

8.表地をひっくり返し、持ち手を布の境目の箇所に置き1.5cmのところに縫い合わせます。

9.8を裏地の中にいれサイドの縫い目を合わせ縫い代1cmのところで1周縫います。

10.裏地の返し口から返し、返し口を閉じ裏地を中にいれ、1周縫います。

【作成時のポイント/注意点】

はぎれから縫い合わせて作成するミニトートバッグです。

機能性だけじゃない自慢したくなるデザインミニトートバッグ

自作したデザイン性に凝っているトートバッグをご紹介します。

自分だけのトートバッグを作りたい方必見です。

キルト生地のトートバッグ

View this post on Instagram

10連休・・・何だかんだ毎日予定あり結局10連勤気分⁉️😫もうすぐ終わるぅ💦 毎日、夜な夜なor早朝に少しずつ作成😅 リサラーソンのキルトトートバックただ今完成‼️ #イオン#パンドラハウス #リサラーソン #リサラーソンハンドメイド #トートバック #トートバッグ #トートバック作り #トートバッグ手作り #キルト#キルト生地 #キルティング生地 #キルトバッグ #手芸#手芸部 #ソーイング#ミシン #ブラザーミシン #ハンドメイド記録 #マイキー#猫#ネコ#ねこ #リサラーソンマイキー #ハンドメイド好き #手芸好きな人と繋がりたい

A post shared by とらまま (@tora_mama) on

キルト生地を使ったトートバッグです。

裏地にポケットがついているため、鍵やリップなど小物を入れるのに最適です。

ちょっとしたお出かけにもおしゃれに使うことができます。

バッグの下の部分の布が違うためメリハリのあるデザインになります。

小花柄リバーシブルトートバッグ

小花柄がかわいいくすみのある色のトートバッグです。

リバーシブルになっており、気分に合わせて使うことができます。

持ち手部分も同じ柄なので統一感があります。お買い物袋としての使用やお出かけにもぴったりです。

大人おしゃれミニトートバッグ

落ち着いたカフェオレとネイビーの色のトートバッグ。

自作のタグをつければお店の物と見間違えてしまうほどのこなれ感があります。

学生だけでなく、OLの方や男性の方にも使用できそうなデザインではないでしょうか。

手刺繍オリジナルトートバッグ

花の刺繍が華やかな手刺繍のオリジナル自作トートバッグです。

手刺繍なので他のトートバッグの柄と被ることが無い、完全オリジナルなトートバッグを作ることができます。

自分の好きな柄をデザインしてみるのはいかがでしょうか。

くまのミニトートバッグ

見てるだけでも暖かそうなもこもこのミニトートバッグです。

バッグの真ん中にポイントとしてあるクマがかわいいですよね。

他の人と差をつけるのに最適なトートバッグです。フェミニンなコーディネートにぴったりです。

裏地ありのオリジナルデザインの自作トートバックを作成してみましょう

トートバッグは、簡単でシンプルなものからデザイン性に凝っているものまで様々なデザインがあります。

普段から使用しているトートバッグを自分で作るのは難しいと思っている方もいるでしょう。

まずは簡単でシンプルなものからチャレンジしていくことをおすすめします。

技術を磨きながら自分のアイデアを形にしてみませんか。