ちょっと贅沢に!オーダーメイドで作るオリジナルトートバッグ

ファッションに合わせてバッグを持ち帰るのは、毎日洋服を着替えるのと同じ感覚です。当たり前のように持っているトートバッグですが、もっと使いやすく自分のライフスタイルやファッションにマッチしたものを手にできるとしたらどうでしょう。

既製品の中にも素敵なものはたくさんありますが、素材や大きさ、色や持ちやすさなどにこだわったオリジナルトートバッグをオーダーメイドしてみませんか?

トートバッグをオーダーメイドするメリット

既製品には色んなサイズや素材のトートバッグがあるので、自分の好きなトートバッグを手にもできます。

そんな中でも人気のオーダーメイドトートバッグにはメリットがたくさんあります。

メンズのトートバッグをオーダーメイドできる

トートバッグは基本ユニセックスで、色んな荷物を入れて運ぶのに便利なバックです。

そんなトートバッグはアウトドアだけでなく、ビジネスバックとしての需要も高くなってきました。

ブリーフケースに大量の資料を入れて歩くビジネスマンですが、最近ではノートパソコンを持ち歩きカフェなどで広げる姿も日本で見られるようになりました。

携帯電話にタブレット端末やノートパソコン、いくらビジネスのためとはいえ毎日持ち歩くのは骨が折れます。

そんなビジネスマンが注目するのがトートバッグです。クールビズやジャケパンスタイル、ビジカジスタイルにマッチしやすく「肩に掛けられて、開き口が広い」ビジネストートバッグは、レザーやナイロンなど高機能素材を駆使したものが求められています。

外観はシンプルですが、底の素材をかえることで汚れがついても落ちやすくなったものなどが好まれます。

既製品でには色んな素材やサイズがありますが、持ち手の長さや2way仕様を必要にする肩からはトートバッグのオーダーメイドが人気です。

自分だけのデザインでトートバッグをオーダーメイド

女性が持ち歩く手持ちのトートバッグはちょっとしたお出かけに、一般的な縦型のシンプルなトートバッグは荷物がたくさん入るので便利ではありますが、荷物が重くなると肩掛けでも使いにくかったり両手を開けられません。

そんな時に便利なのがショルダーベルトです。トートバッグのオーダーメイドでは、取り外しができるショルダーベルトをつけられます。

重い荷物を入れて使う方や、両手は開けたいけど軽量なトートバッグが欲しい方は帆布素材のトートバッグでオーダーメイドしましょう。

持ち手が長めの縦型トートバッグにショルダーベルトは必要ないと思う方もいるでしょうが、ショルダーバッグにすれば使い勝手が良くなり取り外しできると小旅行にも便利です。

オーダーメイドなら1個からオリジナルトートバッグが作れます

他人とは同じものを持ち歩きたくない、ちょっとインパクトのあるトートバッグが欲しい、自分が使いやすいサイズでカスタマイズしたいなど、様々なわがままが叶えられます。

自分の好きな生地や色を選び、たくさんの種類から選ぶことができますのでイニシャルを入れたりロゴやプリントを入れたりできます。

オーダーメイドでどんなオリジナルトートバッグが作れる?

完全なオーダーメイド、セミオーダーなど、店や業者によってどのようなオーダーメイドができるのかは異なりますし、扱う素材も色々です。気になる店や業者を見つけたら、どんな素材を扱うのか問い合わせてみてください。

布生地でトートバッグをオーダーメイド

既製品のような素材や色ではなく、キルティング記事やプリント生地などを使って個性的なオリジナルトートバッグを作りたい。そんな方にもオーダーメイドは便利です。

布生地を使ったトートバッグのオーダーメイドの場合、手芸店やハンドメイドサイトなどを利用することになります。手芸店の中には、トートバッグなどのオーダーメイドを受けていますし、ハンドメイドサイトでは決められた布地ですがおしゃれなトートバッグのオーダーメイドを受けている作家もいます。

レザートートバッグをオーダーメイド

ビジネスバックとして人気が高まっているレザートートバッグ。男性のビジネスバッグだけでなく、働く女性のビジネスバッグとしても話題です。

バッグの中身が見えないようにファスナーをつけたり、書類が出しやすいように中に仕切りを入れたりとオーダーメイドならではの工夫ができるのは魅力です。

営業でバッグを持ち歩く場合、肩掛けで長時間持ち歩くとスーツに皺がよってしまいます。ですがブリーフバックでは荷物が入りきらない場合、肩がけの2Wayになるビジネストートにオーダーすればすべてが解決します。

手持ち部分の長さを調節できるようにすれば、シーンに合わせて肩がけや手持ちするなど使い方も広ります。

定番帆布トートバッグをオーダーメイド

使いやすく、どんなファッションにもマッチするのが帆布(はんぷ)素材のトートバッグです。市販のもので十分と考える方もいますが、収納できるポケットを増やしたい、色はシックなカラーで大きさを自分が使いやすいようにしたい場合にはオーダーメイドが便利です。

オーダーメイドでプリントトートバッグ

シンプルなトートバッグでは面白みがない、個性的なトートバッグを持ちたい方に人気なのがシンプルなトートバッグにプリントを施す方法です。

トートバッグのサイズや素材、カラーを自由に選んでオーダーメイドできるのが魅力です。1枚からオーダーできる業者もいますので、プリントで個性を出したい、堅苦しいものは必要ない方はプリントトートバッグを選ぶといいでしょう。

オーダーメイドでトートバッグを作ると費用はどれくらい必要?

オーダーメイドには魅力がありますが、気になるのはかかる費用です。革を使った特殊なトートバッグは高額ですが、帆布や布生地なら適正価格で購入可能です。自分が希望するトートバッグのオーダーメイド費用はいくらくらいなのか、あらかじめチェックしておきましょう。

帆布トートバッグ

定番の帆布トートバッグの場合、小型デザインは5,000円~20,000円程度。部分的にレザーを使うと10,000円~となり以下のオプションをオーダーメイドで決められます。

  • ポケットの有無や位置、サイズ
  • 留め具(スナップホック、マグネット、ヒネリ金具など)
  • 持ち手の種類(帆布、革巻タイプなど)長さ、ショルダーベルトの有無
  • 底板、底ビョウの有無
  • イニシャルやネーム

レザートートバッグ

ビジネスバッグとしてレザートートバッグをオーダーメイドで作りたい方もいると思います。

レザーの場合には、手持ち・肩掛けできる女性用トートバッグ、定番の船型トートバッグ、普段使いしやすい横型トートバッグ、メンズビジネスバッグとしても人気の2wayタイプなど様々な形をオーダーメイドできます。

価格としては革の質にもよりますが、20,000円~40,000円程度で、帆布と同じようにポケットや留め具、持ち手を好きに選べます。

プリントトートバッグ

トートバッグにプリントを施すオーダーメイドを希望する場合、トートバッグの生地やサイズで価格が変動します。プリント業者の中には「1枚〇円から作成します」と安価なサービスであることをアピールしているところもありますが、プリント方法によって版代が高くなるので注意が必要です。

転写プリントでオリジナルトートバッグを作成してくれる業者もあり、比較的安価な価格でのオーダーメイドが可能になりました。転写プリントなら1,000円~オーダーメイドもできますので、サイズや素材などを確認し注文してください。

プリントの場合、プリント方法でかかる費用が異なりますので必ず見積もりをして注文しましょう。送料なども必要になりますので、何社かを比較することをおすすめします。

まとめ

気軽に使えるトートバッグは、自分が使いやすいサイズやデザインを大切にしたいもの。オーダーメイドのトートバッグは贅沢かな?と思われるかもしれませんが、誰でも使えるからこそオーダーメイドで自分だけのオリジナルトートバッグを作ってみましょう。