【自作】大好きな写真もプリントできる?オリジナルトートバッグの作り方を徹底解説!

トートバッグはちょっとしたお出かけや、ショッピングなどに利用できるので大変便利です。

荷物がたくさん入る上に、出し入れもしやすいので老若男女問わず人気があります。

しかし、以下のような悩みを持っている方もいます。

「自分の気に入ったものがない!」

「人のものとデザインが被る」

サイズ感やデザインの好みは人それぞれですが、納得いくものがないという人は意外といます。

それならいっそ自分で作ってみませんか?

実はトートバックは自作でプリントすることができるのです。

当記事では、初心者がトートバックを作る方法を解説します。

生地を選ぶ

市販で無地のものを買うのも1つの手ですが、生地から作るのも自作の醍醐味です。

トートバックに向いている生地は、厚めのものがおすすめです。

ただどうしても厚めのものが用意出来ないという場合は、自作では特に決まりはありませんのでどんなものでも大丈夫です。

丈夫なものを作りたい場合は厚いものが良いですが、初心者の場合は厚めの生地だと縫いづらいので、むしろ縫いやすい生地を選択するほうが良いです。

縫いやすい生地は、素材が綿になっているものが良いでしょう。

生地を縫う場合は針や糸も合わせる必要があります。

お店の人にきけば丁寧に教えてくれるので是非聞いてみてください。

アイロンプリントペーパーを使ってみよう

オリジナリティのあるデザインにしたい場合はアイロンプリントペーパーを使用しましょう。

アイロンプリントペーパーを使えば、あなたがデザインしたイラストや、お気に入りの写真をトートバッグにプリントすることができます。

当項目ではアイロンプリントペーパーを使って印刷する方法をご紹介します。

アイロンプリントペーパーって何?

アイロンプリントペーパーとは簡単にいってしまえば、パソコンなどを利用してトートバッグに写真やイラストを印刷するためのシートです。

別名は熱転写シートとも呼ばれており、台紙と印刷される特殊なシートの二枚重ねになっているのが特徴的です。

価格はメーカーによってバラつきがありますが、5枚入りで900円程度、10枚では1500円程度で売っています。

もちろんトートバッグだけでなく、オリジナルTシャツの作成などにも使えます。

アイロンプリントペーパーの仕組みは?

アイロンプリントペーパーは、台紙と印刷される特殊な紙の二枚重ねになっています。

アイロンによって熱を加えると、特殊な紙が布にくっつき、印刷したインクが布に写ります。

作成手順

それでは作成手順です。

作成にあたってアイロンプリントペーパーのほかにアイロン、パソコン、家庭用プリンターを準備します。

パソコンで印刷したいイラストか写真が用意できたら以下の順序で作成してみましょう。

  1. プリンターで写真を印刷する(左右反転)
  2. 印刷したい箇所をハサミなどで切り取る
  3. トートバッグにアイロンプリントシートをのせる
  4. 上から押し付けるようにアイロンで圧着する
  5. シートが冷めるのを待つ
  6. シートが冷めたらゆっくりと台紙をめくる
  7. 仕上げシートをプリント面にもう一度アイロンがけする

上記の手順で作成することで、あなただけのトートバッグが完成します。

注意したいのは、シートが冷める前に台紙をめくらないようにということです。

めくってしまうと失敗してしまう恐れもありますので気を付けましょう。

チェックしたいポイント

プリンターで写真を印刷する際は左右反転しているかをしっかりと確認する必要があります。

誤って印刷してしまうと取り返しのつかないことになります。

また、アイロンの設定温度は大切です。

理想的な温度は180℃くらいがのぞましいとされています。

アイロンによっては細かな温度設定ができず、低・中・高などというツマミしかないものがあります。

その場合は、高のツマミだと230℃程度になってしまうものもあるので気を付けましょう。

温度が低すぎれば色が写らず、高すぎる場合は変色の原因になります。

こうしたポイントをしっかりと捉えてチェックしておくことで失敗を未然に防げます。

是非ともチェックしてみてください!

お店で印刷しよう

世の中にはオリジナルプリントサービスを提供しているお店があります。

お店によっては、布に直接プリントすることができる大きなインクジェットプリンターを所持している場合もあります。

こうしたお店では当然ながらトートバッグの印刷も可能です。

お店がサービスを提供していることを確認したら、来店する前に準備をしておく必要があります。

事前に準備するものは、プリントしたいイラストや写真です。

データはSDカードやUSBフラッシュメモリ、CD-ROMなどで持ち込むことができます。

お店を利用する良い点は

  • 迅速に作成することができる
  • お店に頼むから失敗しない
  • 店員に相談することができる場合もある
  • 大量作成にも対応

などがあります。

お店によっては、サービスの内容が子となるので下調べは必要ですが、予定していなかったデザインを間際で追加できたりもします。

プリントサービス業者を利用する

インターネット上で発注できる印刷業者を利用するのも手です。

オリジナルTシャツやトートバッグなどを作成したいという需要に応えるためにこうした業者が近年増えてきています。

「自作をしたいけど自分で印刷するのは面倒」

「お店を探したけど近くになかった」

などという悩みが解決します。

パソコンやスマホの前にいながらにして、Tシャツやトートバッグなどの選定、イラストや写真の選定をすることができます。

簡単な操作だけで、発注から支払いまで完結しますので労力が要りません。

「でもそういうのって大量発注限定なんでしょ?」

そんな心配は要りません。

以前は大量発注のみの業者が多かったのですが、1枚からでも印刷できる業者も増えてきています。

ただし、生地の質感などは確かめることができないのでこだわりたい人は違う方法をとる方が良いかもしれませんね。

3つの方法の中でおすすめなのは?

完全自作をする、お店を利用する、プリントサービス業者を利用すると3つの方法を紹介しましたがどれが良いのでしょうか?

これは作ろうとしてる人、時や場合によります。

パソコンなどの機械の操作に慣れているという方、ハンドメイドを普段からしている方は完全自作をおすすめします。

しかし、初心者であまり自信がないという方はお店や業者を利用するのがベターです。

近年は業者のサービスも充実しており、納得のいくものを安価で作成することができます。

無理して労力をかけた上に失敗したのでは元も子もありません。

以上の点を理解した上であなたにとって適切な方法をとりましょう。

ORIGINALLABならトートバッグの自作も簡単!

当記事では、オリジナルトートバッグの自作の仕方や方法などをご紹介しました。

その上でもっともおすすめしたいサービスは「ORIGINAL LAB」です。

イラストや写真などの画像、印刷したい商品を選べば簡単に自作トートバッグを作ることができます。

値段は1,900円から3,200円と非常にリーズナブルです。

商品によって質感は異なりますが、オリジナル且つ長持ちするバッグが手に入ります。

トートバッグはもちろんのこと、Tシャツやスマホケース、雑貨も作成できるのでオリジナルにこだわりたい人にはおすすめです。

是非とも利用してみてください!