刺繍入りのトートバッグ!自分で作れるって本当?

おしゃれなトートバッグが欲しいという人におすすめしたいのが刺繍入りのトートバッグです。

多色の糸を使った繊細な刺繍は、洗練されたものが多いのが特徴です。

ここでは、刺繍入りのトートバッグにまつわるあれこれに関してまとめています。

何気なくトートバッグを持ち歩いているという人でも、これからの品物選びの視点が変わるかもしれません。

刺繍入りのトートバッグとは

文字通り、トートバッグのデザインの一部として刺繍が施されたものを指しています。

一般的には、バッグの一部分にロゴマークなどの刺繍が施されています。

トートバッグの形はどこにでもあるものですが、刺繍が入ることで意匠性が高まり、「あのブランドの商品」という認識率が高まります。

ブランド名がわかるだけでも、普通のトートバッグの価値がぐんと上がるという効果もあります。

また、刺繍を施すことで「私だけのもの」というような意識も芽生えます。

刺繍入りトートバッグのメリット

トートバッグに刺繍が入ることで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。

いくつかピックアップしてまとめました。

高級感がある

刺繍は多色の糸を用いて、文字やイラストなどを表現します。

市販のトートバッグの場合、ミシン刺繍がほとんどですが、糸の光沢やステッチの仕方などによって高級感があふれる作品に仕上がります。

複雑な模様でもコンピューター搭載の刺繍ミシンがあれば、表現可能です。

トートバッグ自体のグレートを高めてくれる効果があります。

先にも記しましたが、ロゴマークやキャラクターの刺繍があることで、「あのブランドの商品」という認識率が上がり、トートバッグ自体の価値が上がるメリットも考えられるでしょう。

長持ちする

ブランドロゴなどを施したトートバッグの中には、シルクスクリーンやインクジェット方式などでプリントされたものもあります。

プリントされたものに関しては、残念なことに紫外線や頻回の洗濯で劣化してしまうものも存在します。

プリント部分が劣化してしまうと「古くなった」と位置付けられ持ち歩かなくなることが多い傾向にあります。

その点、刺繍は、紫外線や経年劣化で若干の褪色はあるかもしれませんが、その色あせも「味わい」の一部として受け取られる場合があります。

刺繍部位がはがれることもありませんので、長く使えるといったメリットがあります。

刺繍を入れたい場合どうする?

刺繍入りのトートバッグは、おしゃれでかわいいものから、かっこいいものまでさまざまです。

トートバッグ自体の価値を高めるために刺繍を入れたい場合にどうすべきかを紹介します。

既存のプレーンなトートバッグも「自分らしいバッグ」に変化させることも可能です。

刺繍入りバッグを買う

アパレルショップや雑貨店でも刺繍が施されたトートバッグの取り扱いがあります。

TPOに合わせ、自分好みのデザインのものを購入するとよいでしょう。

ブランドロゴやメッセージ性がある英文などが入ったもの、キャラクターの刺繍などいろいろな商品があります。

大きさやブラントにもよりますが、価格帯もさほど高額なものではないので、色合いや大きさ別などのくくりでいくつかそろえておくとよいでしょう。

刺繍ワッペンを貼る

外国のスーパーマーケットやファストフード店のロゴを模した刺繍ワッペンなどが販売されています。

またイニシャルだけの刺繍ワッペンなども販売されています。

これを、プレーンなトートバッグに貼るだけで、グレードアップさせることができます。

刺繍ワッペンは雑貨店や手芸店などで購入可能で、1枚数百円程度で販売されています。

自分の好みに応じてレイアウトできるので、オリジナル性の高い刺繍入りトートバッグができあがります。

ただし、商用利用可能という記載がない限り、既成の刺繍ワッペンを貼ったトートバッグは商品として販売することはできません。

個人的に楽しむのみに利用しましょう。

自分で刺繍を入れる

ハンドメイドが得意な方は、自分で刺繍を入れるとよいでしょう。

刺繍ミシンが使える場合は、自分でデータを作り刺繍を入れてもよいでしょう。

既製品のトートバッグに刺繍を入れる場合は、刺繍位置に制約が出る場合もありますが、直接刺繍を入れることがきれいに仕上げるためのコツといえるでしょう。

トートバッグをハンドメイドで仕立てる場合は、生地を裁断した後で刺繍を施すとうまくいきます。

どのような刺繍を入れるのがよいのか、という疑問を持つ人も見られます。

サテンステッチなどを多用した動物系の刺繍のほか、生地の目を利用してステッチするクロスステッチやスモッキング刺繍を施してオリジナル感たっぷりの作品に仕上げることもよいでしょう。

また。

イニシャルアルファベットにデザインを施した「モノグラム刺繍」もおしゃれで洗練されたトートバッグに仕上がります。

おすすめの刺繍入りトートバッグ

トートバッグにはいろいろな刺繍が入った品物があります。

数多くあるトートバッグの中でもおすすめの刺繍入りトートバッグについて紹介します。

流行りを追うこともよいですし、ベーシックかつシンプルな刺繍入りのトートバッグを目指すこともよいでしょう。

ブランドロゴ刺繍

ブランド名が記載されたロゴマークが刺繍されたトートバッグは、一目見ただけで「ブランド物のバッグを持っている」ことをアピールできるメリットがあります。

キャンバストートなど布製のトートバッグは、比較的安価で販売されているものが多いので、ブランド物の何かを初めて購入するという人におすすめです。

ブランドロゴは普遍的なものが多いので、長く持てるというメリットがあります。

キャラクター刺繍

インターネット上で流行しているキャラクターや、メディアでよく取り上げられているキャラクターを刺繍したトートバッグもあります。

広く知られているキャラクターのトートバッグは長く持つことができますし、限定品などの少量生産の場合は、将来的にレアアイテムとなる可能性もあるようです。

デメリットとしては、「好みが変わった」「キャラクターの旬が終わってしまった」などという理由から長く使えないこともあるようです。

また所有者の年齢層によっても印象が変わることが多いのもデメリットとしてあげられることでしょう。

イニシャル刺繍

トートバッグに施される刺繍としては一番オーソドックスなものです。

シンプルかつベーシックな刺繍が多く、フォントによってカジュアルからエレガントまでいろいろなイメージを作ることができます。

イニシャルに蔦や花などボタニカルな意匠をあしらったモノグラム刺繍は、おしゃれなイメージをトートバッグにプラスすることができます。

オーダーメイド品になると、2文字以上のイニシャルを組み合わせて図案を作ることも多く、さらに高貴なイメージをプラスできるメリットがあります。

自分自身でイニシャルを刺繍する人もおり、オリジナル性の高いトートバッグを持ちたい人におすすめされています。

まとめ

刺繍入りトートバッグについて、メリットや入手方法、どのようなバッグが流行りなのかを紹介してまいりました。

トートバッグは、なんでも入れて持ち歩ける汎用的な袋という位置づけがありますが、刺繍があることでその袋の価値を高め、いつまでも大事に持ち歩けるというメリットが生まれます。

ベーシックなもの、シンプルな刺繍デザインが施されたトートバッグならば、汚れたら洗って使えますし、生地がほころびるまで長く使えます。

大事に使い続けられる刺繍入りトートバッグを一つは手元に置いてみてはいかがでしょうか。