オリジナルデザインでこだわれ!自分だけのおしゃれなトートバッグを作る方法

自分だけのオリジナルロゴをトートバッグにつけたい、こだわりぬいたオリジナルグッズを商品化させたいと思うこともあるでしょう、こんな時にはどのようにしたらよいでしょうか。

また、オリジナルトートバック制作を業者に依頼するときにチェックしてほしいことなどを紹介します。

おすすめ制作会社などもピックアップしているので、会社選びに迷ったときはぜひご一読ください。

オリジナルトートバッグが欲しい!その方法とは

自分の色を全面的に打ち出したオリジナルトートバッグが欲しいと思った場合、いくつかの方法があります。

では、そのオリジナルトートバッグを作る方法を紹介します。

ここでは商品化などを考えたときに検討する方法として紹介いたします。

自分でアレンジする

市販のトートバッグを素材として、自分で何らかのアレンジを施す方法です。

刺繍を施すほか、スタンプやワッペンなどを貼って、特別なトートバッグに仕上げるという方法もあります。

この方法では、商品として販売できない場合もありますが、自分が持ち歩くための世界でひとつだけのトートバッグを探しているときには最適といえるでしょう。

また、価格帯も安価で作ることができる方法だといえます。

業者に制作依頼する

トートバッグにロゴタイプなどをプリントしてくれる業者があります。

トートバッグもデニム生地やコットンなどいろいろな種類から選べるメリットがあります。

トートバッグ以外にもサコッシュやクラッチなどイマドキのポートと合わせて楽しめるのもうれしいところです。

こういった業者に依頼することで、同人誌即売会などで販売する二次創作グッズや、ショップのノベルティというような大量に制作したいという場合には強い味方になります。

もちろん、1枚からでも制作してくれる会社もありますので、1枚だけ欲しい!という場合でも気軽に依頼してみましょう。

1枚3,000円程度から制作可能なので、市販のトートバッグを購入するよりも安い価格で購入できるのもメリットにつながるでしょう。

手作りする

自分で生地を探して、手作りする方法があります。

オリジナル性があれば、十分商品として販売できますし、センス次第でおしゃれな手作りトートバッグが作れます。

型紙や作り方なども手芸店などで購入可能ですので、どんどん制作してみましょう。

ただし、手作りトートバッグの場合は大量生産に向かないという点があります。

制作費用は安く済みますが、何枚も続けて作りたいという場合は、現実的ではないことも念頭に入れておきましょう。

また、仕立てや仕上がりが既製品のようにいかないという点もあります。

縫製でのクオリティが欲しいという場合には、家庭用ミシンでは十分ではないこともあるでしょう。

業者にオリジナルトートバッグを依頼するときのチェック事項

オリジナルトートバッグを作ってくれる企業はあまたに存在します。

そんな中で、ストレスなく自分のインスピレーションを形にしてくれる企業が見つけることが最優先事項となるでしょう。

ここでは、制作会社を選ぶ場合にチェックしてほしいことをピックアップしてご紹介します。

1個から制作できるか

こういった企業の場合、大量生産向けの制作が中心ですが、1個からでも気軽に注文できると「大量発注に向けた、お試し注文」や「唯一無二、自分だけのトートバッグ」作りに役立ちます。

また、1つだけの発注でも単価が高くならないかといったところもチェックすべき項目でしょう。

料金体系をチェック

トートバッグを作るとき、料金に関する一般的な認識として「(バッグの単価×枚数)+版下料金+枚数に応じた印刷料金」という考え方があります。

もしくは、100枚単価というように、1ロット注文数に応じた金額設定がなされている場合も。

複数の企業で提示する料金体系を確認し、自分の予算と釣り合いがとれるかどうかを検討しましょう。

小ロット製作が可能な企業の中には、単価も安く提示しているところもあります。

どんな印刷方法をするか

単価が安い業者の多くは、単色のインクジェット印刷やシルクスクリーン印刷を主体として提供しています。

インクジェット印刷などは、特殊な印刷機によってトートバッグに直接印刷するため、仕上がりが美しく高品質に仕上がるメリットがあります。

こういった印刷方法を事前にチェックしましょう。

多色刷りや刺繍ができるか、ラインストーン加工や転写プリントなどができるかといったところも確認しましょう。

特殊な印刷ができることによって、オリジナリティを高める要素にもつながります。

納期はどうか

どんな場合でも「今すぐほしい」という気持ちを持つことがあるでしょう。

特にコミックマーケットで販売するためのものや、ノベルティセールでサービスするためのトートバッグは納期がかかわってきます。

最短納期が約束されており、見積もり時に案内された納期に納得できるものがあれば安心して発注できます。

業者によっては、プリントを外国や国内の下請け企業へ発注することもあるので、納品までに時間がかかる業者は再検討の余地があるかもしれません。

業者にオリジナルトートバッグを依頼するならトートバッグラボ!

たくさんあるトートバッグ制作業者の中で、発注側の都合に合わせた納品を心がけてくれるのが、トートバッグラボです。

魅力的なトートバッグ作りを狙いたいという場合にはぜひ選択肢に入れてほしい業者の一つとして紹介します。

トートバッグラボのメリットやおすすめポイントはこちらです。

1個から発注可能

トートバッグラボでは、1個からオリジナルトートバッグを発注することができます。

同業でも多くの業者では10枚単位から受注などという場合があり、BtoB(法人向けサービス)を意識したサービスが中心ですが、トートバッグラボでは、BtoC(消費者向けサービス)を意識したサービス展開も行っています。

自分だけのバッグや、クラスでお揃いのトートバッグ、10枚限定販売トートバッグなどといった少量制作にも向いています。

いろいろなデザインのバッグから選べる!

こだわりのバッグを作りたいという場合、バリエーションが豊富な中から検討したいものです。

デニム生地からキャンバス地、コットンシーチング生地などいろいろな素材でできたバッグ、正統派のトートバッグの形から、ナチュラルなバッグの形などから選べるとより自分らしいバッグを作れることでしょう。

カラーバリエーションも選べると、より選択肢の幅が広がります。

大好きな芸能人の推しカラーで作るグッズなども作れます。

専用エディターで自分のデザインも思いのまま

インターネット上で発注できるため、全国どこからでも発注できるメリットがあります。

印刷デザインの入稿は、イラストレーション(.ai)やフォトショップ(.psd)形式での依頼が可能です。

このようなソフトを持っていない方でも、サイト上にある専用エディターを使えば、模様スタンプや多彩なフォントの組み合わせで自分だけのデザインに仕上がります。

専用エディター上で仕上がりイメージが確認できるところもおすすめです。

ドンドン割でどんどん安く!

トートバッグラボも魅力は「ドンドン割」の制度にあります。

ドンドン割とは、10枚以上の注文で割引が適用されるという制度です。

1つの商品を10枚以上ではなく、対象商品をどんな組み合わせでも10枚以上まとめれば、割引が適用されるといううれしいシステムです。

また、デザインは10枚すべて異なっても構いません。

このように小ロット注文でも割引価格で購入できるところも、トートバッグラボならではのサービスです。

自分だけのトートバッグを作ってみましょう

オリジナルトートバッグの作り方に関して紹介してまいりました。

自分好みのトートバッグを安価に、そして1枚からでも作れる業者も存在しているので、ぜひ利用してみるとよいでしょう。

おしゃれなデザインから、かわいいデザインまで、自分だけのブランドを作ってみませんか?