簡単!手作りトートバッグの作り方

トートバッグは手作りできるの?

普段使いにもってこいのトートバッグ。

ひとつあれば、さまざまなシーンで大活躍してくれます。

そんなトートバッグですが、実は手作りで簡単にできちゃうのです。

お裁縫が好きなあなたはぜひ布選びと型紙とりからやってみて。

持ち手を布じゃなくてレザーにするなど、お裁縫でトライすればバリエーションは無限大。

でも、私、お裁縫が苦手…。というあなたにも、はさみとボントがあればできちゃう簡単おしゃれなトートバッグ作りもご紹介します。

ハンドメイドの楽しさと、世界にたったひとつの味わいをぜひ!

大きめポケットが印象的なカジュアルでかわいいトートバッグ

丈夫で使い勝手のよいトートバッグを手作りしてみませんか?

トートバッグ作りは意外と簡単です。

まずは大きなポケットが印象的なとてもかわいいトートバッグの手作りレシピをご紹介します。

使う布は2色。バイカラーをどんな組み合わせにするかで、個性的なバックに仕上がったり、シンプルで大人っぽい雰囲気に仕上がったりします。

紫と黄緑、白とピンク、紺と水色など、チョイスするカラー次第でカラフルでポップな表情が楽しめます。

作り方の手順

まずは布を用意しましょう。トートバッグの出来上がりを考えて布を選びましょう。

がっちり丈夫なものがお好みなら、布地は厚めの帆布がおすすめです。

ただし、ミシンに慣れていないとやや縫いにくいと感じるかもしれないので、初心者さんは少し薄めの布からトライするとよいでしょう。

布をカットするときは、型紙を用意すると失敗しにくいです。

お菓子の包み紙など、家に余っている薄い紙を使いましょう。

型紙を作ったら布にまち針などで留めて、布をカットしていきます。

布をカットし終わったら、いよいよミシンかけです。

まずはポケットからつくります。

周囲をミシンかけしたポケットを、トートバック本体の布に縫い付けていきます。

次に、持ち手を縫います。

持ち手はしっかり感を出したいので、縫い始める前にアイロンかけをするとよいでしょう。

アイロンでしっかりと押えてからミシンをかけていくと、綺麗な直線の持ち手が出来上がります。

次に、見返しをつくります。

見返しに持ち手を縫い付けます。

そして、袋となる本体部の脇を縫っていきます。

脇が縫えたら、見返しを縫い合わせていきます。

最後にマチを縫っていきます。これで完成!

家庭用のミシンでもできてしまう、意外と簡単な基本のシンプルトートバッグ作り。

今度の日曜日の昼下がりに、お家でお裁縫という過ごし方はいかがでしょうか?

型紙なしでもっと簡単!トートバッグ作り

手作りトートバッグでお裁縫もいいけど、型紙とりが面倒だという方はけっこういます。

このひと手間が省かれれば、もっと気軽に手作りに挑戦できるのに…と思って、あきらめていませんか。

そこで今回は、型紙なしのA4サイズのトートバックの作り方についてご紹介します。

用意する布は、本体部分が幅27センチ、長さは74センチです。

持ち手は、幅10センチ、長さ40センチのものを2枚用意しましょう。

布はお好きなものでOKですが、あまり厚みのある布ですと家庭用ミシンでは縫いづらくなりますので、ご注意ください。

初めてトライする場合には、中厚地くらいまでの布だと失敗がありません。

まずは、持ち手づくりです。

持ち手にステッチをかけるのですが、持ち手をしっかりさせるためにこのステッチかけ前のアイロンがポイントになります。

布を半分に折ってアイロンをかけていきます。

アイロンがかけ終わったら、際部分にミシンをかけてステッチをしましょう。

ここがクリア出来たら、あともう少しです。

持ち手をバックの本体に仮縫いします。

それから、バック本体部をひっくり返して外表にして、端から7ミリくらいのところを縫っていきます。

先ほど仮縫いしたバッグの持ち手がある口部分を縫っていきます。

ここを縫い始める前に、アイロンをかけておくとよいでしょう。

糸が見える部分になりますから、この最終工程を丁寧にするとぐっと見栄えがよくなります。

もっともっと簡単!リメイクで手作りトートバッグ

お裁縫は苦手…。でも、オリジナルな自分だけのトートバッグを作りたいあなたへ。

100円ショップのトートバッグをリメイクするという手作りをおすすめします。

100円ショップで購入したトートバッグに、好きな素材をコラージュしていくだけの超かんたん手作りレシピ。

子どもでも作れるので、お子さまと一緒に楽しみながらトライしてみてはどうでしょうか。

お家にあるハギレ、余った布、着古した洋服、ボタン、リボンなどを集めましょう。

雑誌の写真を切り抜いて素材にするのもOK。

あまり難しく考えずに、好きなものを好きなようにコラージュしていく感じで。

お好みに布や紙を切り取って、ボントで貼っていくだけです。

ガーリーアイテムも手作りなら思いのまま

女の子が大好きなガーリーアイテム。

とってもスイートで可愛いけれど、買うとちょっと高いのが難点。

そこで、自分で手作りしちゃうというアイディアが。

パールやビーズ、リボンやフラワーモチーフなど、100円ショップでも最近は豊富に出揃っていますね。

家にお気に入りの素材があるなら、もちろんそれも使いましょう。

手作りガーリーアイテムに高級感を出すには、とにかく盛ることがコツです。

これでもかっ!というくらい、ふんだんに素材を使いましょう。

超スイートなアイテムが好きな方は、一点ものへのこだわりがありますよね。

いろいろな素材をボンドで貼り付けるだけでOKなら、あなたの乙女心も大満足する一品になること間違いなしです。

トートバッグはやっぱり手作り、なぜなら…

毎日の通勤や通学、ちょっとしたお買い物や、荷物をまとめてたっぷり収容できるトートバック。

トートバッグの始まりは、大きな氷や食べ物を運ぶために、冷蔵庫のない時代から使われていたそう。

だからこそ、トートバッグはその丈夫さが大きな特徴となっていて、いまもアウトドアなどでも大活躍するのですね。

現代では、さまざまな素材のものやデザインも豊富になり、おしゃれなファッションにも取り入れられるようになりました。

そんなトートバッグは、日常で使われていたことからデザインはいたってシンプルなのです。

だから手作りも簡単にできます。

ここでは、基本のトートバッグから、ガーリーなファッションにも取り入れられるファッション性の高いトートバッグの作り方まで、ご紹介しました。

もちろん、このほかにもバリエーションは豊富。

あなたのアイディア次第で、いくらでもできちゃうトートバッグ作りを楽しんでみてください。