オリジナルトートバッグはこんなシーンで活用できます!

オリジナルアイテムを作ることで、他の人と差を付けることができるのですが、これは個人だけでなく企業やお店などでも同様です。

特に、オリジナルのトートバッグを作ることで宣伝効果などを得ることができますので、有効活用したいものです。

また、業種によって素材も重視することも重要となります。

ここでは、用途や業種別でおすすめの素材やサイズなどを紹介します。

子供や学生向けにはA4サイズがベスト

子供向けのトートバッグとしては、A4サイズのものがおすすめです。

サイズ的に大きいとついついものを詰め込んでしまい、子供にとっては重くなってしまいがちです。

実際には、ランドセルに入りきれないものを収納するのに使用することを想定すれば、A4サイズで角底不織布バッグがベストのサイズ感となります。

また、大学のオープンキャンパスなどでパンフレットを配布する際にも、A4サイズがちょうどよいものとなります。

平袋でマチがないタイプも用途に適しているのですが、パンフレットや冊子などの厚みがある物を複数入れることを想定して、平袋よりもマチのある角底タイプの方が向いている場合もあります。

また、比較的高級感があるのでイメージアップにもつながる可能性もあるために、角底タイプであってもA4程度の大きさの不織布バッグは製作費用がリーズナブルかつ高級感が出せるのが良いですね。

展示会には特大の船底型不織布バッグがおすすめ

企業側としては、新たな商談の場として展示会に積極的に出展することがあります。

展示会は、会社の知名度を引き上げてさらなる売上向上が見込める重要なイベントとして位置づけられています。

この場合、ノベルティグッズを作成することもありますし、資料などを入れるトートバッグを作成することがあります。

一般的には、頑丈な紙袋やポリ袋で用を済ませる事が多いのですが、不織布トートバッグであればさほど費用的に高くなることなくより知名度をアピールする事が可能です。

業種にもよるのですが、資料以外も配布されることの多い展示会においては厚みのある物も容易に入れられる船底タイプが特におすすめです。

思わぬ形でアピールすることができる方法としては、わざと大きめのトートバッグを配布することで他の会社のパンフレットなどを入れて持ち運べます。

持っているものに会社のロゴが入っているだけでも大きな宣伝効果を生む傾向があるのですが、まとめて入れることができる大きめのトートバッグは決して無駄ではなく、むしろ効果が高いのです。

もちろん、サイズアップすることで費用も高くなることから費用対効果をしっかりと加味して作成しましょう。

会社の説明会などでA4サイズの平袋型不織布バッグ

展示会以外でも、会社の説明会などで資料を配布することがあります。

その際にも、トートバッグを作成して配布することで企業アピールを行うことができます。

基本、配布するものは紙の資料やパンフレットが中心となるためにサイズ的にはA4サイズで平袋型の不織布バッグが適しています。

製袋方法がシンプルであり、費用的にリーズナブルである点が最大の魅力です。

形状は手提げタイプも人気となりますが、さらに低コストで作成することができる手穴タイプも人気です。

ポリ袋よりはしっかりしたバッグを作りたいという場合は、平袋型不織布バッグを視野に入れたいですね。

アパレル関連は大きめの船底型不織布バッグ

アパレル関連のショップでは、購入した商品を入れるためにトートバッグを用意するのが一般的です。

特に、アウターなどの大きめなサイズのアイテムを購入する際には、トートバッグを活用します。

これは、大きな紙袋は意外と作成コストがかかるので、より安価に作成できるトートバッグを選択しているのです。

形状としては、船底タイプの不織布バッグがコストを抑えて作成することができるのでおすすめです。

不織布の場合、スーツカバーなどに用いられている事が多いのですが、折れ目がつきにくく高級感があるので、バッグや靴、ハイブランドの店舗でも頻繁に活用されているので大型トートバッグにも最適となります。

ロゴなどもこだわって入れることで、センスの良さをアピールすると同時に引き続き使用してもらえることが多く、それによって宣伝効果をもたらしてくれるのでおすすめです。

薬局はコットン素材のシーチングバッグ

近年の傾向では、調剤薬局の店舗が非常に増えていて顧客獲得および競合と差別化する目的、そして薬などを持ち帰るためのエコバッグとしてノベルティバッグを製作するお店が多くなっています。

病院や薬局を利用する方が、お薬手帳や健康保険証を収納して繰り返し利用していただけるバッグとしても活用されています。

ただ、10オンス以上の厚めの生地を採用すると、確かに頑丈で長持ちしますがコスト的に釣り合いが取ることができません。

そこで、比較的安価にオリジナルバッグを作成できるコットン製のシーチングバッグが最適な選択肢となります。

コットン素材では、ナチュラル色の場合は老若男女問わずに愛用されることが多いので、様々な年齢層の方が利用する薬局店では特におすすめできます。

サイズ的には、A4よりも小さめでコンパクトなものが好まれる傾向があるので、その点も考慮したいものです。

美容院などではポリエステルトート

美容院やコスメティックアイテムを販売しているお店でも、ショップバッグとしてトートバッグが用いられることが多くなっています。

あまり大型の商品を取り扱っているわけではないので、ランチバッグサイズのトートバッグが最適です。

このサイズなら、普段使いされやすいというメリットがありますし、お弁当を入れるなどの用途はもちろんのこと、財布や化粧品等を入れておくバッグインバッグとしても利用できます。

おしゃれなデザインのものであれば、普段使いしてもらえて高い宣伝効果をもたらしてくれます。

バッグ自体は小さめとなるので、比較的コストを抑えやすいというメリットもあるので、あえて大きめのバッグを作れるくらいの予算でハイセンスなトートバッグを作成するのも良いでしょう。

記念品などでは高級感のあるコットンバッグ

企業の創業記念などでは、社員や顧客などに対してノベルティグッズを作成して配布することがあります。

通常の展示会などで配布するトートバッグは宣伝を主な目的としているのに対して、ノベルティグッズの場合はもちろん宣伝効果も期待しながら、もらった人に喜んでもらえるかどうかが重要なポイントです。

しっかりしたものをプレゼントすれば、その会社の気前の良さなどを強くアピールして企業イメージのアップも期待できます。

おすすめの素材としては、高級感があってしっかりとした作りとなっているコットン素材のものがあります。

また、デニム生地をチョイスするのもおすすめです。

デニム生地の場合、頑丈で長持ちするのはもちろんのこと、使い込むことで経時変化をもたらしてくれます。

いい感じで色落ちすると、新品時とはまた違った味わいを楽しめますよ。

コットンやデニム生地は費用的に高くなってしまいますが、大量発注することで費用を抑えることも可能で、またサイズもランチバッグ程度のものにすると意外とリーズナブルな費用で作成可能です。

気軽にトートバッグを作成しよう!

個人だけでなく、企業などでもトートバッグを作成したいというニーズが意外とあるものです。

もし作成したい場合は、トートバッグラボをぜひご活用ください。

オリジナルトートバッグが1個から誰でも簡単に安く作成することができます。

お届け予定日も最短3営業日なので、早くオリジナルバッグを作りたい方にも向いていますよ!