いらない服を再利用!服を使ったリメイクトートバッグの作り方

「世界にひとつだけのオリジナルトートバッグが欲しい!」

そんな方は、不要になった服を使ってリメイクトートバッグを作ってみませんか?

不用品も処分できて、可愛いトートバッグも手に入って一石二鳥。いや、それ以上のメリットがありますよ。

この記事では、不用になった服を使ったリメイクトートバッグの作り方をご紹介します。

リメイクトートバッグのメリットって?

「トートバッグなんてどこにでも売っているのに、わざわざ作る意味はあるの?」

そう思う方もいるかと思います。

しかし、着なくなった服を使ったリメイクして作るトートバッグには、たくさんのメリットがあるんです!

以下でメリットをご紹介します。

メリット1.安価で作ることができる

トートバッグを作る際、一番出費がかさむのが布代です。

しかし、リメイクであれば既存のモノを使うので、新たに布地を買う必要がありません。

裁縫道具さえあれば無料でトートバッグを手に入れることができるので、とてもコスパが良いです。

メリット2.思い出や愛着を残せる

もう着なくなった服を捨てられない理由は、その服に思い出や愛着があるからだと思います。

「気に入っていたから」「いただいたものだから」「高かったから」など…

そんな理由から服を手放せず、気づけば服であふれている!なんてこともありますよね。

そんなときこそ、リメイクトートバッグの出番です。

思い出がつまった服をトートバッグにリメイクすれば、思い出はそのままに、また使うことができますよ。

あなたの手で、思い出の服を生まれ変わらせちゃいましょう。

メリット3.布から作るよりも簡単

市販の布からトートバッグを作る場合、1枚の布きれなのでその分縫う作業が多くなります。

しかし、リメイクであれば、服の形を活かして作ることができるため市販の布から作るよりも簡単です。

ハサミだけで作ることができる超簡単なリメイクトートバッグもあります。

不器用さんやハンドメイド初心者さんも安心して作ることができますよ。

さっそくリメイクトートバッグを作ってみよう!

メリットを知ったら、さっそくリメイクトートバッグを作りたくなってきたのではないでしょうか?

リメイクトートバッグは、Tシャツやスカート等、様々な服から作ることができます。

着なくなった服を引っ張り出して、さっそく作っていきましょう。

ここでは、特に人気のある服を使ったリメイク3選をご紹介します。

ハサミだけでできる!Tシャツのリメイクトートバッグ

Tシャツのリメイクトートバッグは、お気に入りのロゴやプリントデザインを活かすことができるのが嬉しいポイントです。

今回ご紹介する方法は、なんとハサミだけで簡単にできちゃいます!

他の裁縫道具は一切不要で、全てフリーハンドでOKです。

不器用さんや初心者の方、お子様にもオススメな簡単すぎるトートバッグです。

【用意するもの/必要なもの】

  • Tシャツ
  • ハサミ

【作り方/作成手順】

  1. 袖と首回りをカットします。肩の部分が持ち手になるため、完成形をイメージしながらお好みの大きさにカットしましょう。
  2. 裾をぐるっと1周するようにカットします。カットした裾は後程使用するので取っておいてください。
  3. 作りたいフリンジの長さに合わせて、裾を折ります。
  4. 折った裾に切り込みを入れ、フリンジの元を作っていきます。
  5. 一緒に切った上下を結びます。これでフリンジ部分と底の完成です。
  6. 2でカットした裾を肩の部分に通し、リボン結びをします。こうすることでTシャツのロゴが目立ちやすくなります。
  7. 形を整えたら、完成です。

【作成時のポイント/注意点】

  • 裾をカットする際は、前後を一緒に切らずにぐるっと一周するようにカットしましょう。
  • フリンジをカットする際は、前後がずれないように気を付けましょう。

【Tシャツリメイクトートのアイデア集】

フリンジがないタイプのトートバッグです。

底を縫う必要がありますが、こちらも同じ方法でとても簡単に作ることができます。

大人っぽいベーシックスタイルが好みの方はこちらをオススメします。

アメコミプリントが目立っていてキュートなトートバッグです。

もとのTシャツの良さが活かされていますね。これぞ、リメイクトートバッグの醍醐味です。

ヴィンテージ感が可愛い!デニムのリメイクトートバッグ

デニムのリメイクは、お洒落感を出しやすいので特に人気があります。

生地が厚く扱いやすいため、初心者の方でも比較的簡単に作ることができます。

多少ガタついても味が出るため、失敗を恐れずに挑戦してみましょう。

【用意するもの/必要なもの】

  • ジーンズ
  • 裏地用の布
  • 裁縫道具
  • ミシン

【作り方/作成手順】

  1. ジーンズの足部をカットします。
  2. 股下部分をカットし、スカート状にします。
  3. ジーンズを裏返し、サイドをまっすぐ縫い合わせます。
  4. サイドや下部の余分な部分をカットし、布の厚さを均一に整えます。
  5. 底を縫い合わせ、袋状にします。
  6. 底部の両角に丸みが出るように縫い付けたら、表側に返して形を整えます。
  7. 2で切り離した脚部をカットし、肩紐を作ります。
  8. 裁断部を内側に折ってから二つ折りにし、縫い合わせます。
  9. 裏地用の布を、デニムよりひとまわり大きくなるようにカットします。このとき、底ができるようにカットしてください。
  10. カットした布を中表に折りたたみ、両サイドを縫い合わせます。
  11. 裏地をデニムの中に入れ、開き口で合わせます。
  12. 裏地とデニムの間に肩紐の端を挟み、縫い合わせたら、完成です。

【作成時のポイント/注意点】

  • 余分な布が残っているとボコボコしてしまうので、均一になるようにカットしましょう。
  • 裏地と肩紐を縫い合わせるときはずれやすいので、仮止めをしておきましょう。

【デニムリメイクトートのアイデア集】

ブランドのロゴを活かしたデザインで、まるでそのブランドで販売されている商品のようです。

同じ生地で作られたミニポーチも付いていて、統一感があってとてもお洒落です。

数種類のデニムをつなぎ合わせて作ったパッチワークトートバッグです。

不要なデニムがたくさんある方にオススメです。

サイドにポケットが付いていたりマチがあったりと少し難しい作りなので、慣れてきたらぜひ挑戦してみてくださいね。

機能性も◎スカートリメイクのポケット付きトートバッグ

いらなくなったスカートは、ウエスト部を残して裁断することで簡単にトートバッグに変身します。

今回は、機能性も抜群の、ポケット付きトートバッグをご紹介します。

ポケットの付け方は他の服の場合でも応用できるので、参考にしてみてください。

【用意するもの/必要なもの】

  • ベルト付きスカート
  • 裏地用の布
  • ミシン
  • 裁縫道具
  • アイロン

【作り方/作成手順】

  1. スカートを、上部を残してお好みの大きさにカットします。
  2. スカートよりもやや大きめに裏地用の布をカットします。このとき、底ができるようにカットしてください。
  3. 余った裏地用の布から、ポケット分をカットします。縫い代ができるようにやや大きめにカットしてください。
  4. ポケットの口部以外の3辺にロックミシンをかけます。
  5. 裏地とポケットの縫い代を折りたたみ、アイロンでクセをつけます。
  6. ポケットの口部にステッチをかけます。
  7. 裏地のお好みに位置に、ポケットを縫い付けます。
  8. 裏地を中表なるように折りたたみ、左右を縫い合わせます。
  9. スカートを裏側にひっくりかえし、袋状になるように底部を縫い合わせます。
  10. スカートを表側に戻し、ウエストベルトを左右に縫い付けて肩紐を作ります。
  11. 裏地をスカートの中に入れ、上部をまつり縫いしたら、完成です。

【作成時のポイント/注意点】

  • ポケットは、仮縫いしてからミシンをかけるとより綺麗に付けることができます。
  • スカートの底部の角を丸めると、バッグらしさが出てクオリティが上がります。
  • ウエストのゴム部に合わせてまつり縫いをすると、縫い目が目立たず綺麗に仕上がります。

【スカートリメイクトートのアイデア集】

履けなくなってしまったお気に入りのスカートをリメイクした作品です。

スカートへの愛情が伝わってきますね。

採寸なし、ミシンなしでも作ることができるそうです。

娘さんのスカートをリメイクした作品です。

ツイードと革素材の持ち手がマッチしていて、高級感が出ています。

スカートのファスナーもさりげないアクセントになっていますね。

お気に入りの服をリメイクしてオリジナルトートバッグを作ろう!

もう着る機会がないけど、思い出や愛情がたっぷりつまっている服たち。

そんなアイテムが、トートバッグに新たに生まれ変わり、また使うことができるなんて素敵だと思いませんか?

ぜひ、お気に入りだったアイテムを使って、この世にひとつだけのリメイクトートバッグを作ってみてくださいね。