【実は簡単!】オリジナルトートバックの自作方法教えます

自分だけのオリジナルトートバッグ、憧れませんか?自分でデザインしたり、お気に入りの写真をプリントするだけで唯一無二のオリジナルトートバッグが仕上がります。

ここでは簡単にオリジナルトートバッグを自作するための方法を紹介します。誰でも気軽に作れる方法をまとめていますので、最後までお付き合いください。

オリジナルトートバッグ!自作するならハンドメイド?それとも業者に頼む?

悩んでいる女性
誰も持っていないオリジナルトートバッグを作る場合、自分で道具を揃えて作るのがいいのかアプリや業者に頼んだ方がいいのか迷うところ。

どちらにもメリットデメリットがありますので、比較し自分にあった方法で作成しましょう。

らぼくま

らぼくま

業者に頼めば簡単だし失敗ないね!
くまみ

くまみ

ハンドメイドすると愛着わきそうじゃない?

ハンドメイドのメリット

作る枚数が少ないのであればハンドメイドがやはり便利。無地のトートバッグは100均で手に入るので、失敗してもデメリットはほとんどありません。

手書きのイラストやロゴなどでオリジナル感を強めたい時や、単色色違いでオリジナルトートバッグの自作に適しています。

コツコツとした作業が好き、オリジナルトートバッグだけでなく他にも色んなグッズを作りたい方に向いています。
 

ハンドメイドのデメリット

どんなアイテムを使うかにもよりますが、プリントする場合にはプリンター、ハンコならスタンプ台やステンシル道具などが必要になるなどトートバッグ以外の道具にお金がかかってしまいます。

またシルクスクリーンのように、技術が必要な方法は失敗しやすいことからも「自分ができること」かを選別する必要があります。

 

業者を利用するメリット

複雑なデザインや多色刷りでオリジナルトートバッグを自作したいのであれば、やはり業者がおすすめ。

デザインが決まらない、どんなデザインにすればいいのか迷っている方も業者に頼めば個性的なデザインを作ることができます。

あらかじめあるデザインから選んだり、持ち込んだ写真やイラストをデザイナーにアレンジしてもらえるなど「仕上りの美しさ」なら業者がおすすめです。

業者によっては「まとめ割」などもありますので、イベントや引き出物などオリジナルトートバックを大量に自作したい時に便利です。

プリント費用は大きな差はないものの、デザインの多さやデザイナーのサポートなどが業者によって異なります。どんなオリジナルトートバッグを自作したいのか、ざっくりとしたビジョンを掴んでおけば業者選びが楽になります。
 

業者を利用するデメリット

仕上がりの美しさやデザイン性などを考えるとメリットが多いのですが、少数で作れる業者が絞られることや、印刷した雰囲気を実際に確認しにくいことなどがあげられます。

急ぎで作りたい場合には即仕上げできる業者を探しが必要にもなりますし、自分の求めたクオリティと予算、納期のバランスが上手くいかないなどがデメリットです。

業者に頼む場合には「枚数」「予算」「デザインはどうするのか」「トートバッグの大きさや色」などに優先順位をつけで業者選びをしましょう。

らぼくま

らぼくま

どちらもメリットがあるから迷っちゃうね
くまみ

くまみ

じゃ、どんな風に作るのか比較してみましょう!
 

ハンドメイドで簡単!自宅でオリジナルトートバッグを自作しよう

素材
ハンドメイドが好きな方は、生地を選んで裁断、ミシン…と進みますが、これが結構大変な作業。定番としては無地のトートバッグをベースにカスタマイズして自作します。

先ずは休日に短時間でサッと作りたい、エコバッグとしてオリジナルトートバッグを自作したい方向けの作り方をまとめました。

スタンプ

消しゴムはんこやオリジナルスタンプを使って、トートバッグに自由に描くことでオリジナルトートバックを自作できます。

布に押しても色落ちしない「バーサクラフト」などを使って、自分の好きなハンコやスタンプを押すだけ。

レイアウトだけをあらかじめ考えておけば、好きな色のスタンプを使って自由に楽しめます。

ステンシル

イラストやフォント、数字などの型紙をつくり、布にあてたらインクや絵の具でトートバックに孔版していきます。

市販で色んなプレートが手に入るので、好きなプレートを使ってカスタマイズできます。プラ板を使えば自分好みのデザインを自作し、オリジナルトートバッグに孔版もできますのでアイデア次第でお洒落に仕上がります。

シルクスクリーン

単色でロゴやイラストをプリントしたいなら、シルクスクリーンが便利です。画材店やホームセンターで購入できますので、自分でトートバッグ以外にもプリントできます。

オリジナルトートバッグだけでなくTシャツなど、色んなものにチャレンジしたい方は道具を揃えてみるといいでしょう。

アイロンプリント

自作のオリジナルトートバックを作るのに一番簡単な方法では、アイロンを使ってプリントを転写させる「転写シート」。パソコンやスマホに登録した写真やイラストを、転写シートに印刷しアイロンプリントするだけと簡単です。

プリンターがあれば気軽に作れますので、初めてで不安な方におすすめの方法です。

ビーズや刺繍

裁縫やハンドメイドを趣味にしている方は、ビーズワークや刺繍などをトートバッグに施してオリジナル感を出せます。プリントだけでなく、このような手法を加えると自作オリジナルトートバッグとしてのクオリティが高まります。

業者に頼むよりも温かみを感じることができるのが、ハンドメイドの魅力です。自分の手で仕上げたい、細かい作業も楽しめるのでれば自作してみてください。
 

ワンランク上のオリジナルトートバッグを作ろう

プリント
インクの色がイメージ通りでなくても、自分の手で仕上げるオリジナルトートバッグは特別。

ですが「完璧なものを作りたい」「友人や家族とシェアしたい」「プレゼントやイベントで枚数が欲しい」時には業者に頼むのが一番。ワンランク上のオリジナルトートバッグを自作できます。

お店でプリント

プリントサービスショップでは、実際にトートバッグのサイズや生地を確かめたりデザインを選べます。また店頭で見本を見たりとネット注文にはないサービスを受けられます。

持ち込みしたトートバッグに写真や絵のデーターを持ち込めば、世界でただ一つの自作トートバッグが仕上るのも魅力です。

プリント業者

近隣にプリント専門のショップがない、大量にオリジナルトートバッグを自作したい場合にはネットプリント業者がおすすめです。

イラストやスマホで撮影した写真などをデーターで送れば、そのままプリントすることもできますし、専任デザイナーによって美しく加工してもらったりロゴを入れ、ブランドのトートのようなオリジナルトートバッグにすることもできます。

パソコンやスマホの機能を使えば、自分でも簡単にアレンジしたりできるようになりましたが、特殊な加工やデザイナーによって細かく修正やアレンジをしてもらえるメリットがあります。

特に手書きのイラストはデザイナーによってプロが描いたように仕上がりになり、満足度の高いオリジナルトートバッグができます。

自作オリジナルトートバッグにチャレンジしてみよう!

何でも入れられる気軽さが魅力のトートバッグ。どんなスタイルにもマッチしやすいものですから、思い切ってオリジナルトートバッグを自作してみましょう。

ちょっとしたアイデア次第で、想像以上にファンキーでお洒落なオリジナルトートが完成します。自宅でステンシルやハンコでアレンジしてみたり、完成度の高いプリントを駆使するのなら気にいった業者をチョイスして頼んでみましょう。

お洒落な自作オリジナルトートバッグは、街中でもひときわ存在感を醸し出すはず。今回の記事を参考に、是非ともチャレンジしてください。